基本仕様|有限会社 伊藤工設計

設計士とつくる自然素材と省エネルギーの家 有限会社 伊藤工設計 一級建築士事務所
有限会社 伊藤工設計 フリーダイヤル 0120-97-3460
アクセスMAP
地域型住宅
HOME地域型住宅 > 基本仕様
上

みやぎの木材を利用し、フレーム(構造・下地)はしっかりとつくることが基本です。

木材

木材は全体の60%みやぎ材を利用し、そのうち優良みやぎ材(含水率20%以下等)を40%利用。地域材を一定量仕様することで、地域型住宅グリーン化事業や宮城県産材利用助成制度を利用し、補助を建て主様へ還元しています。

長期優良住宅+桁上合板

長期優良住宅仕様、耐震等級2以上を確保。

外観

時を経ても飽きのこない、シンプルな外観!
冬場の日射を多く入れるため南側開口部を大きくし、有効な風通しも考えます。

外の内とのつながり

遠くの景色が見えるところに開口部を設けると広く感じられます。また、外部空間のよい景色を積極的に取り入れることで心地いい内部空間も創り出すことができます。

職人の手

建具屋がつくる木製建具と左官屋さんが塗る豆砂利仕上土間、大工が手がける木製の窓枠や無垢の床材など、職人による手づくりが基本です。

外構

外構・植栽計画は初期プラン段階から提案しています。
一坪里山で自生種を植えるのもいいですし、メダカを飼うのも楽しいです。

家具

Jパネル(杉の三層構造パネル)30ミリを利用し、テーブル、TV台、食器棚等もつくることができます。できれば、流し台もつくってみたい!家具も設計段階から話し合って家に似合うデザインを提案し、全体的にまとまった気持ちいい空間感に。

省エネ機器

エコキュート、LED照明器具の標準採用。

主な助成制度

「宮城県産材利用エコ住宅普及促進事業」最大50万円

国交省「地域型住宅グリーン化事業」100万円等

お問い合わせ
前のページへ
次のページへ
下

pagetop